昨日、一緒にコミミ待ちをしていた地元の方から帰り際に
「今日グルが来たらしいよ」
との嬉しい情報を頂きました。
遠征最終日は、早朝のフクロウ探しの予定を変更して諏訪湖のグルを見に行きました。 

7:30頃、観察ポイントに到着すると誰も居なくてチョット焦りましたが、
直ぐに地元の方が見えられ、いろいろ教えて頂きました。
到着後4、5日は行動が安定せず、動きを読み難いとのこと。

朝7時に飛んだものの、狩に失敗してそのまま山肌の木に止まっているという情報を
教えてくれた別の地元CMさんが、遠くの木に止まっているグルを見つけてくれました。

その後、昨年知り合った方の60倍スコープで動きを確認しつつ待ちますが、
一向に飛び立ちません。

イカル(今季初見)を撮ったりしながら待ちます。
20171223長野 - 2
20171223長野 - 1

帰ろうと思っていた12時を過ぎても動きなし。
こうなったら、このまま塒入りしない事を祈りつつ、持久戦です。

13:00 動きなし。
14:00 飛ばない。。。

14:30 スコープの観察を交代した一瞬の隙に姿が無くなる!

いました!
オオワシ(グル)初見です。
※グルの写真は断りがない限りノートリです。
20171223長野 - 3
20171223長野 - 4
20171223長野 - 5
20171223長野 - 6
20171223長野 - 7
20171223長野 - 8

※上のトリミング
20171223長野 - 9

20171223長野 - 10

※上のトリミング
20171223長野 - 11

この後、遠くの山の向こうへ消えたのをきっかけに見失う。
暫くすると、別のポイントのCMさん達が湖方向へレンズを向けている!
皆で探すも見つけられず、常連さんが電話で居場所を確認。(すごい)

気付いた時には至近距離をこちらに向かって飛んでくる!!!
しかし、上には浮かず下の林の向こうを通過。
20171223長野 - 12

出て来た時は後ろ姿でした。
20171223長野 - 13
20171223長野 - 14
20171223長野 - 15

この後、また木に止まって休憩モード。

15:30 再び飛び出し、狩に成功。
しかし、またも足元の林の向こうを低空飛行し、死角の谷へ消えました。

下はその時の写真ですが、追いかけてくるカラスと較べると、その大きさが分かります。
※トリミング
20171223長野 - 16

いや〜、オオワシの迫力は凄かったです。
ハマる人が大勢いるのが分かりますね。
私も通ってしまう予感が。。。